店での待遇がアップする!コレを身につけるだけ!

息子が高校を卒業する際に、日本で暮らす私の父が、大学への入学祝に時計を購入したいと申し出てくれました。息子に伝えると、気に入ったものをいくつかピックアップし、こんな感じのものが欲しいというので、そのまま父へ伝えました。

ちなみに息子が欲しいといった腕時計は、どれも派手な雰囲気しかしないゴールドの腕時計だったのです。

息子の趣味は私譲りで少し変わっており、派手なモノや華美なモノが大好きです。腕時計も、日本の父は学生の時だけでなく社会人になってからも活用できそうなG-Shockあたりを考えていたようですが、息子は「欲しくない」。

父は、ゴールドの腕時計を購入することに、とても抵抗しました。

その気持ち、よくわかります。日本では、サラリーマンの新入社員でゴールドの腕時計をしている人なんて、皆無です。華美、派手、遊んでいる、というマイナスの印象を持たれてしまいますから、ゴールドが好きな人でも会社用の時計はおそらくシルバーを選ぶことでしょう。

父はそう説得を試みたものの、あえなく撃沈。結局、息子の意をくんでゴールドの時計を購入。日本から送ってくれました。

アメリカではどこに行っても超好評

息子の時計はこんな感じ

息子がもらった腕時計は、こんな感じの時計でした。父はおそらくブランドまでは詳しく知らずに購入したと思うのですが、アメリカでは若者に大人気のMichael Korsのものでした。

息子はこの時計をいたく気に入り、夏休みにインターン労働に行った際には、毎日「社会人としてのみだしなみ」として、時計を着用したそうです。

そんな彼が気づいたこと。

ゴールドの時計をしている時とそうでない時とで、接客の待遇に雲泥の差がある

という事でした。この時計をしている時には、例えTシャツと短パン、そしてビーチサンダルだったとしても、どのお店に行っても皆、とても親切で丁寧に接してくれるのだとか。一方、時計をしていない時には、カーキパンツにポロシャツを着ていても、扱いはテキトーなのだそうです。

人を外見で判断するという事なのか、それとも金を持ってそうなカモに見えるのかは分かりませんけれど、それが現実というものなのでしょう。客を見て態度を変えることは、万国共通なのかもしれません。

外見で判断されるなら、できることはある

人を外見で判断することは、良くない事です。そんなことは、全員知ってますよね。しかし、もしもそれが現実なら、手持ちの時計を工夫するだけで、外出した時に嫌な思いをする機会が減るかもしれません。

そう考えたら、私も外出する時にはアクセサリーなどをつけて行った方が良いのかな、なんて浅はかなことを考えてしまった今日この頃です。

もしも、クリスマスや誕生日に、お子さんに何を贈ろうかなと考えている人がいらっしゃったら、「接客業からの待遇が良くなるアイテム」のゴールドウォッチを選んではいかがでしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。