アメリカでホテルを最安でゲットする方法

日本は、ホテルでも旅館でも、基本的には1人当たりいくらという料金設定になっています。だから2人で1部屋を利用する場合でも、1人当たりの料金x2人分です。

しかしアメリカでは、1部屋ごとに料金が発生するので、そこに1人で宿泊しても、2人とか3人で宿泊しても、部屋の最大人数をオーバーしない限りは、何人で利用しても料金は変わりません。

そんなアメリカの宿泊施設、できるだけ安く予約するには、どんな方法があるのでしょうか?

目次

  1. まずは割引制度を知ろう
  2. ホテルの公式サイトをチェック
  3. 旅行代理店は本当に安い?
  4. 日本からの予約も完全ネットで対応

1.まずは割引制度を知ろう

アメリカのホテルでは、大体どのホテルでもディスカウント制度があります。同じ部屋でもどのタイミングで予約するかによって料金は変わりますが、ディスカウントを利用できる人は、積極的に利用することで宿泊費を安く抑えられます。

どんな割引制度があるのかというと、

  • AAAメンバー割引(車での旅行する人向けサービス)
  • AARPメンバー割引(シニア向けサービス)
  • 公務員割引
  • シニア割引

などが一般的です。このうち、シニアの年齢なら、シニア割引が利用しやすいと思います。ミリタリーをはじめ、連邦政府系および州政府で働く公務員なら、公務員割引制度を利用できます。

民間企業で働く若い世代だと、これらの割引制度の中で利用できるのはAAAメンバー割引ですね。AAAは私も以前入会していたサービスで、主に旅行に関する割引サービスを提供しています。ロードサービスやホテル割引など特典はたくさんありますが、その中にはすでに加入している保険でカバーされるなど、重複するものも多いです。だから、内容を見て加入しないと決断する人は多いと思いますね。

しかし、もしも年間に多くホテルに宿泊する人なら、ベーシックなメンバーとして年会費$38を払っても、元は取れると思います。

ちなみに、AAA割引はシニア割引と同じぐらいビッグな割引が多く、1泊当たりの宿泊料金が半額ぐらいになることもあります。場合によっては、年に2,3泊でも元が取れるという事もありそうです!

AAAの料金プランやサービスについてはこちらから

2.ホテルの公式サイトをチェック

photo of vehicles on road near buildings

自分がどんな割引を利用できるか知ったら、最初にチェックするのは、ホテルの公式サイトです。アメリカのホテルでは、大半は公式サイトがあり、そこから直接予約できることが多いです。私の経験上、直接の予約が最安になる可能性は、けっこう高いですね。

ホテルの公式サイトで予約すると、

  • ホテルチェーンごとにポイントがたまる。→マイルや無料宿泊につながる
  • チェックインの時にミネラルウォーターがもらえるなどの特典がついている
  • チェックインとチェックアウトがフロントデスクを通過せずにできる

など、たくさんの特典がついています。多くの場合、ホテルチェーンごとにアプリがあり、そこから予約するとチェックインの際にデジタルキーが発行され、スマホで施錠や開錠ができます。そして、チェックインもチェックアウトもフロントデスクに立ち寄る必要がありません。これは、とても便利です!

予約は1年前から

ホテルによって、どのぐらい先まで予約できるかは異なりますが、大体11か月から1年ぐらい先まで予約ができます。アプリを使うと、いつの宿泊でどの部屋タイプならいくらかが表示されるだけでなく、そのまま予約することも可能です。

上記の割引制度を使って安く泊まりたい人は、できるだけ予約がスタートしてから早い段階で部屋を抑えることをおすすめします。なぜなら、割引価格で予約できる枠には制限がついているからです。

例えば、息子の大学のすぐそばにあるホテルでは、一切割引しない通常価格は$250ですが、1年前に割引制度を利用すると1泊$100でゲットできます。しかし、宿泊したい2か月ぐらい前に割引制度を使おうと思っても、すでにその枠は完売となっていることが多く、取れません。その場合には通常価格を払う羽目となります。

こまめにチェックすることも大切

brown framed eyeglasses on a calendar

ホテルによっては、予約の受付をスタートした直後にはそれほど安くないレートを提示して、半年ぐらい前になったら部屋を埋めるためにリーズナブルなレートを提供するところもあります。

そんな時には、1年前に抑えておいた部屋をキャンセルせずに、もっと安いレートがあれば、そのレートで部屋を予約してもOKです。安いレートで新しい予約を入れたら、古い方はキャンセルしなければいけませんが、たいていは宿泊する3日ぐらい前まではキャンセル料金が発生しません。

とりあえず部屋を抑えておいて、条件が良いものが出たら乗り換える、という姿勢が最安で部屋を抑えるコツです。

クレジットカードが必要な場合もある

ホテルによって、予約する際にクレジットカードが必要となることは少なくありません。しかし、返金なしの前払いプラン以外は予約の時点でカードがチャージされるわけではないので安心してください。

3.旅行代理店は本当に安い?

アメリカにも、旅行代理店的なものはたくさんあります。カリフォルニアやニューヨークなどには、日本からの駐在員を対象とした代理店もあるようですけれど、そうした特殊なものではない一般的な旅行代理店もたくさんあります。

などがよく知られていますが、どれも甲乙つけがたく、必ずしも特定の代理店がいつも最安という事はありません。そのため、もしも代理店を利用するなら、必ず複数を比較したうえで最安のところを利用するのがおすすめです。

幅広くホテル探しをしたい人におすすめ

代理店を使ってホテル検索をすると、ヒルトン系列とかマリオット系列、リッツ系列など系列に関係なく、幅広い検索ができます。高級ホテルからリーズナブルなものまでが見つかるので、予算に合わせて選びやすいというメリットがあります。

ただし、旅行代理店を経由してホテルを予約した場合、公式サイトで予約したときのようなポイントを貯めることはできないことが多いです。そのため、特定のホテルチェーンでポイントやマイルを集めている人は、公式サイトからの予約をおすすめします。

ワンストップで予約できるのがメリット

person pointing a location on the map

上記の旅行代理店は、航空チケットやホテル、レンタカーなどすべてまとめてワンストップ予約できます。もちろん、航空チケットは航空会社から直接予約して、ホテルは公式サイトから、そしてレンタカーは、、、と別途で予約することもできますし、場合によってはそちらの方が安いこともあります。

とりあえず値段は最安でなくて良いので時短で予約したい問人は、旅行代理店の利用も良いかもしれません。

ホテルに関しては、場合によってはホテルの公式サイトから予約するよりも安くゲットできることもあります。そのため、普段から底値が分かっているホテル以外は、とりあえず代理店での宿泊費用もチェックしてみて、安い方で決めるというスタンスでも良いと思います。

代理店は必ずしも最安とは限らない

代理店は、無料サービスではありません。高額な手数料がかかるわけではありませんが、ホテルの場合には代理店経由で予約すると、$10~$15ぐらいの手数料がかかります。ホテルの公式サイトで予約するよりも代理店の方が$10安かったという場合には、手数料を入れることでかえって割高になってしまうこともあるでしょう。この点は、注意が必要です。

4.日本からの予約も完全ネットで対応

アメリカのホテル予約は、ネットで完結します。アメリカ国内からだけでなく、世界中からアクセスできるので、どこに住んでいる人でもわざわざアメリカへ英語で電話をする必要はなく、ネットに接続できればさっと予約できます。

日本の旅行代理店の中には、留学者向けのサービスで手数料がびっくりするほど高額な所もありますよね。しかし、この最安で予約する技を知っていれば、手数料を節約できます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。