減らない置き配トラブル!ケース別解決法!

man in red jacket standing beside white door

日本でも置き配が増えるに伴って、さまざまなトラブルが起こっていますよね。すでに置き配文化が確立されているアメリカでも、置き配トラブルはなくなりません。しかし、宅配業者も企業側も、トラブルに対しての対応はマニュアル化されています。私たちユーザー側も、どんな対応をすればよいかを知っていれば、万が一トラブルが起こっても速やかに対応できます!

目次

  1. パッケージが届かない
  2. 配達済みとなっているけれど届いていない
  3. パッケージが配達されたけれど中身が入っていない、もしくは破損

1.パッケージが届かない

店舗や企業からはすでに発送済みとなっているのに、待てど暮らせどパッケージが届かないという事はあります。追跡番号が発行されていても、途中で追跡が止まっていたりして、パッケージが迷子になっていることがあります。

この場合には、配達キャリア(USPSとかUPSとかFEDEX)に連絡して追跡してもらう方法と、発送した店に連絡する方法とがあります。ネットショップで購入した場合には、ネットショップへ連絡するわけですが、この場合、ショップ側が配達キャリアへ連絡して、本当に紛失したのかどうかを確認することになります。

USPSの追跡依頼はこちらから

FedExの追跡依頼はこちらから

UPSの追跡依頼はこちらから

2.配達済みとなっているけれど届いていない

ネットショップでは、配達予定日からどのぐらいの期間が経てば返金対応をするというマニュアルがあります。2週間とか2か月とか、ショップによって様々ですが、ショップへ連絡すると何日までに届かなかったら返金するのでまた連絡くださいと言われます。

これも、よくあるパターンですね。誤配で他の家へ配達されたか、配達されたけれど泥棒に持っていかれたか、どちらかのパターンだと思います。

この場合、連絡するのは発送元のネットショップです。あちらで調査するのかもしれませんけれど、基本的には再送もしくは返金かを選ぶことになります。

3.パッケージが配達されたけれど中身が入っていない、もしくは破損

配達されたけれど中身が空っぽだったということは、私も経験があります。配送ルートのどこかの地点で箱が破損して中身が出てしまったのでしょう。場合によっては、「届いた時には空でした」的なメモがパッケージといっしょに届くこともありますが、これは各地点のスタッフが「うちじゃないよ!」と言っているだけなので、あまり私たちには直接的な関係はないです。

私はこうしたときには、パッケージの写真(空なので箱の写真です)と共に、ショップ側へ連絡をします。この場合にも大抵は、再送もしくは返金の選択肢をくれます。

商品が破損していた場合でも、発送元が店なら、対応は再送か返金ですね。

投稿者: samuraipassport

こんにちは!アメリカ在住のジャーナリスト兼ライターです。アメリカへの移住から生活まで初心者が知っておきたい情報を発信していきます!アメリカに住んでみたい人や海外に憧れている人にとっても役立つ情報が満載です!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。