アメリカの洗濯事情。洗濯機ナシ、外干しNGって本当?

woman in blue and white dress shirt holding brown woven basket

アメリカの洗濯事情は、日本とは大きく変わります。まず、アパートには、洗濯機を自宅に置けない物件がたくさんあります。それに、自宅に洗濯機があっても、外にほすのはNGとなっているアパートは少なくありません。これって普通なのでしょうか?洗濯機がなければ、洗濯はどこでしたら良いの?と不安になってしまいますよね。

目次

  1. アメリカのアパートには洗濯機がない物件は多い
  2. 洗濯はどこですれば良いの?
    • アパートに共同のランドリールームが設置されている
    • コインランドリーへ行く方法もアリ
  3. アメリカは洗濯の頻度が少ないって本当?
  4. メリカでは洗濯物を外に干すのはNG
  5. 洗濯機を自宅内におけるアパートの探し方

1.アメリカのアパートには洗濯機がない物件は多い

日本では、ワンルームのアパートでも、古いアパートでも、だいたい各世帯に1つ洗濯機を置くことができます。古いアパートになると、洗濯機は玄関の外なんてこともありますが、そうでなければ狭いワンルームでも家の中に洗濯機を置くスペースは設けられています。

しかしアメリカでは、洗濯機を各家庭に置けないアパートがたくさんあります。間取りが広い物件になれば、洗濯機を置くスペースがあったり(In Unit)しますが、ワンルームタイプや2BRぐらいの間取りでは、洗濯機が自宅の中に置けない物件が多くなります。

自宅内に洗濯機が置けない間取りになっている場合には、自分で勝手に洗濯機を買って設置するのはNGです。アパートの契約にも記載されていると思いますが、勝手に置くと水漏れなどが起こった場合、賠償責任を問われてしまいます。注意してくださいね。

2.洗濯はどこですれば良いの?

自宅に洗濯機がついていない場合には、どこで洗濯をするかという点で2つの選択肢があります。

アパートに共同のランドリールームが設置されている

アパートの多くは、建物ごと、もしくはアパート群の中に住人用の洗濯施設が設置されています。部屋に洗濯機がなくても、そうした施設を使えば、車で遠く離れたコインランドリーに足を運ばなくても、すぐそばで洗濯ができますね。

アパートに置かれているランドリールームでは、洗濯機と乾燥機が数台ずつ設置されていて、住人が自由に利用できる仕組みになっています。アポなどは不要で、必要な時に洗濯物を持っていき、サッと洗濯することができます。

ただし、共同なので、洗濯物を持って行ったけれど他の人が既に使用中だった、ということはあります。その場合には、少し時間を置いて再チャレンジするか、別の日に洗濯をすることになります。

アパートに設置されているランドリールームの使用は。無料の所もたまにありますが、多くの場合には、洗濯機が$1.50~$2.00程度、乾燥機は30分毎に$1.00~$2.00と料金がかかります。洗濯機と乾燥機にコインを入れるスロットが設置されていて、そこに25セントコインを必要な数だけ入れると、洗濯機もしくは乾燥機がスタートする仕組みになっています。

アパートに設置されているランドリールームの使用は、一般的なコインラインドリーと比較すると料金がリーズナブルな設定となっていることが多いです。

また近年では、住人に対してプリペイド式のカードを発行し、それを使って支払いをするアパートも増えてきました。プリペイド式なら、アパートの住人以外が無断でランドリールームを使用できないので、そういう目的があるのかもしれませんね。

小さめサイズの洗濯機・乾燥機が多い

アパートに設置されている洗濯機と乾燥機は、サイズという点ではかなり小さめなケースが多いです。業務用の大きめサイズが置かれていることは稀で、ほとんどは家庭用の洗濯機と乾燥機、その中でも小さめサイズが選ばれていますよね。

単身世帯なら、週に1度の洗濯で、洗濯機を1回回すだけで充分かもしれませんが、家族世帯では、1回回すだけでは全く足りず、何回も回す羽目になってしまうこともあります。そうすると、洗濯機を使うたびに課金されるのは割高ですよね。

そんな人は、住んでいるアパートにランドリールームがあっても、コインランドリーに足を運ぶのがおすすめです。

コインランドリーへ行く方法もアリ

住んでいるアパートにランドリールームが設置されていない場合や、ついているけれどいつも混雑していて使い勝手が悪い場合、また洗濯機と乾燥機のサイズが小さすぎて何回も回さなければいけない場合などには、街にあるコインランドリーを利用するのがおすすめです。コインランドリーは、アメリカではLaundromat(ランドロマット)と呼ばれていて、コインランドリーというビジネス施設のことを指します。

日本にもコインランドリーはありますが、日本だと家庭で洗えない布団を洗うとか、雨が続いて自宅で干せない時など、ニーズに応じてたまに利用するという人が多いですよね。しかしアメリカでは、アパートに洗濯機がついていない世帯も多いため、日常的にコインランドリーを使う人が日本よりも圧倒的に多いという特徴があります。そのため、コインランドリーは街のいろいろな場所にありますし、台数も充実していて、とても使いやすくなっています。

自宅そばのコインランドリーをお探しの人はこちらから

サイズが大きめの洗濯機・乾燥機もアリ

コインランドリーでは、基本的に業務用の大きめの洗濯機と乾燥機が複数台設置されています。一度に選択できる量が多いので、家庭用の洗濯ものなら、1度回せばOKです。それに、同時に複数台の洗濯機を使っても、誰からも白い目で見られることがありません!そのため、こちらの洗濯機で家族の服を洗い、隣の洗濯機では布団や毛布を丸洗い、ということも可能です。

業務用で大きめサイズの洗濯機と乾燥機ということで、利用料金はアパートに設置されているランドリールーム使用よりも、若干高めとなります。しかし、何回も洗濯機を回す必要がなく効率的に洗えるという点で、人気がありますね。

支払いは25セントQuarterで

コインランドリーのデメリットは、やっぱり「支払いがクオーターでなければいけない不便さ」だと思います。洗濯機と乾燥機にコインを入れるのですが、お札も受け付けてくれたらどんなに楽なことか!と思ってしまいます。

先日、我が家の洗濯機の調子がわるくなり、久しぶりにコインランドリーへ行きました。いくらか分からなかったので、とりあえず自宅にあった25セントコインをかき集め、5ドル分を持参したのです。

そしたらなんと、洗濯機の利用料金は値上がりしていて、1回あたり6ドルでした。お財布の中を見ると、持っていた現金は20ドル札。仕方ないので、20ドル札を両替機に豆乳して、クオーター100枚をゲットしました。はい、とても重かったですね。

もしかしたら将来的には、洗濯機や乾燥機が改善されて、カード払いOKになる可能性はあるかもしれません。しかし、利用する人がそれほど多くないためでしょうか、中々技術開発が進まないのが、コインランドリー業界の悲しい所なのかもしれません。

洗剤は販売されているので手ぶらでOK。だけど持参すればタダ!

洗剤や柔軟剤は、コインランドリーで販売しています。なので、手ぶらで行っても問題はありません。しかし、やっぱり割高なので、自宅で購入したものを持参するのが、リーズナブルだと思います。

洗濯中は何をしていればよい?

コインランドリーに行った場合、洗濯が終わるまで30分から1時間ぐらいの時間がかかります。そこから乾燥機に入れると、更に1時間ぐらいの時間がかかりますよね。合計2時間、アメリカ人は何をして過ごしているのでしょうか?

コインランドリーの中には、子供が遊べるスペースが設けられていたり、雑誌が置かれている所もあります。また、多くのコインランドリーはショッピングエリアの中にあり、待ち時間を利用してスーパーで買い物ができたり、ドラッグストアをうろうろする、なんてことも可能です。

多くの人は、コインランドリーに設置されている椅子に座り、スマホで遊びながら待っています。

3.アメリカは洗濯の頻度が少ないって本当?

日本では、洗濯は毎日するという家庭が多いですよね。これは、いろいろな理由があります。

  • 洗濯機で洗ったら外に干すため、洗濯物を貯めると量が多くなって困る
  • 洗濯物を溜めると汚れが取れにくくなる
  • 自宅で洗濯できるので、苦痛でない

などがありますが、アメリカでは日本人のような考えを持つ人は、それほど多くはありません。多くの場合、たくさん洗濯物が溜まっていても、洗濯は週に1度と決めている家庭がとても多いのです。

単身世帯なら、1週間洗濯物を貯めても、量はそれほど多くはならないでしょう。しかし、3人家族とか4人家族、アメリカではもっと多い大家族などもいるので、そうした家庭では洗濯物を1週間も貯めてしまうと、一人では洗濯籠を持てないほどの量になりますし、洗濯籠も複数が必要となってしまいます。

その大量の洗濯物を持って、アパート内のランドリールームやコインランドリーに足を運び、一気に洗濯をするわけです。想像するだけでも、かなり時間がかかる重労働だと思いませんか?

そうです、アメリカでは洗濯という家事は「力が必要な重労働」だと考えられています。

4.アメリカでは洗濯物を外に干すのはNG

アメリカのほとんどのアパートでは、洗濯物を外に干すのはNGとなっています。アパートごとに禁止となっているのが一般的ですが、中には都市全体で禁止となっている所もあります。最初にアパートの契約をする際にも、その契約書に明記されていることが多いので、スッキリ太陽光に洗濯物を当てて干したいと思っても、残念ながらできません。

その理由は、美観を損ねる、犯罪防止、そして洗濯機とセットで乾燥機を使う風習があるから。

特に、美観を損ねるという理由で禁止されていることは多く、洗濯物が外に干されていると不動産としての価値画下がってしまうこともあるのだそうです。

もちろん、周囲に他に家がないような田舎なら、外に干そうがどこに干そうが、誰にも迷惑をかけるわけではないので、問題ありません。

日本でも、女性の一人暮らしは外に洗濯物は干さない方が良いと言われています。アメリカでもそれは同じで、アパートの外に女性のセクシーな下着が干されていると、外から、どこに女性が住んでいるのかが分かってしまいますよね。犯罪防止という点においても、外干しをしたくないという人はたくさんいます。

それに、アメリカでは自分のプライベートを他人に知られたくないと考える人が多いという特徴があります。「他人の洗濯物なんて興味なし」という人も多いですし、「見たくないから外に出すな」と考える人もいたりします。そのため、洗濯物を外に干したくないという人が多く、他人にも干してほしくないという人が大半です。

5.洗濯機を自宅内におけるアパートの探し方

毎日洗濯することに慣れていて、自分の洗濯機は自宅の中に設置されていることが「普通」の日本人にとっては、アパートを探す際にも、できれば洗濯機が自宅の中に設置できる物件を選びたいですよね。

ワンルームなどでは難しいですが、3BRぐらいの間取りになると、洗濯機を自宅内における物件を見つけられる可能性はグンとアップします。

アパートの物件探しでは、いろいろな条件検索ができますよね。その中で Laundry in unitという条件を選択してください。こうすれば、自宅の中に洗濯機と乾燥機を設置できるスペースが設けられています。

投稿者: samuraipassport

こんにちは!アメリカ在住のジャーナリスト兼ライターです。アメリカへの移住から生活まで初心者が知っておきたい情報を発信していきます!アメリカに住んでみたい人や海外に憧れている人にとっても役立つ情報が満載です!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。